HOME > 人を守る

人を守る

犯罪から守る

誘拐

他人を強制的に連れ去り、財産を脅し取るなどのこと。
多発時間は午後2時から午後6時のため、下校中が危険です。
家族で子どもを危険から守りましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

連れ去り

無理やり連れ去ること。
いざというときに、危険を知らせたり、居場所を確認できる防犯システムなどで対策しましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

通り魔

近年多発している、通りすがりで出会った人へ被害を与える通り魔。
暗く、ひと気がない場所は特に危険です。
自分の帰宅経路を確認し、被害に遭わないための対策をしましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

ひったくり

歩行者や自転車の前カゴのバッグををひったくり、逃走する犯罪。
被害の9割は女性、しかも夜間に多発しています。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

詐欺(おれおれ詐欺、振込め詐欺他)

身内や関係者からの電話を装い、「借金の返済」などの理由をつけ、指定口座などへ振り込ませるなど、手口はさまざまです。
まずは慌てず、事実かどうか確認することから始めましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

酔っ払い

酔っ払いは他者へ迷惑、嘔吐などを起こす可能性が高いため、適度な量で楽しみましょう。 飲みすぎるとこんな危険もあります!

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

けんか

言い合いや殴り合い、兄弟けんかから夫婦けんか等、日々さまざまなけんかが起こっています。
自分の高感度をアップさせて仲直りしてみましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

スキミング

クレジットカードやキャッシュカードの情報の不正なコピーを作成され、知らない間に使用される犯罪。
心当たりのない請求書が届き、気づくことも多くあります。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

置き引き

置いてある他人の荷物などを、盗み去ること。高齢者の女性が狙われやすく、最近ではおとり役、実行役といった複数人での犯罪も多発しています。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

転落

親も近くにいたにもかかわらず、子どもが目を離したすきにベランダから転落するなど、身近な危険を知っておき、危険から子どもや家族を守りましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

自然災害から守る

放射線

放射線を被爆しないためには、どう対策したらいいのか、そもそも放射線とはどんなもので、どういった影響を及ぼすのかを学んで、対策しましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

地震

地震による死亡原因の約90%は家屋の倒壊や家具の転倒による圧迫死。命を守るためにも、事前に家屋の倒壊や家具の転倒対策をしましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

洪水

梅雨から夏にかけて降雨量が増えるシーズンには、台風や集中豪雨が洪水などの災害に結びつくこともあります。
万が一の場合にも慌てず行動できるよう、災害が起こる前に、普段から家庭で対策を講じておくことが大切です。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

落雷

落雷は、送電設備に落ちて停電を引き起こしたり、家の近くに落ちて家電製品などに被害を与えることがあります。屋外にいる場合は、急いで安全な場所に避難しましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

火事

放火を除けばほとんどの火災は、ストーブやたばこ、たき火などの不注意から起こる人災です。大切な命や財産を失わないように、火に対して油断しないで、防火意識を持って慎重に行動しましょう。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

急病

災害や事故に遭ったとき、家族の誰かが病気やケガをしたとき、慌てずに落ちついて適切な行動がとれるよう正しい知識を身につけ十分な準備をしましょう。“備えあれば、憂いなし”です。

[詳しくはこちら]

▲ページ上部へ

  • ココセコム
  • SECURITY LOUNGE